エディターの概要

  1. ???
  2. ?????
  3. User-Interface
  4. エディターの概要

uMakeエディターは、すべての魔法が発生する場所です。ここで、3Dでスケッチして作品を作成します。エディターには、アイデアを3D空間に簡単に取り込むことができる強力なツールが満載されています。エディタのセクション全体は後で説明しますが、今のところ、下の図はuMakeエディタの一般的な概要です。

3Dで作成する準備はできましたか? uMake Editorへようこそ! uMake Editorは、5つの主要部分に分かれています。

  • キャンバス –これは、スケッチして作成する場所です。
  • トップメニュー –これは、スケッチツールの設定、ビュー、その他のコントロールが配置されている場所です。
  • サイドパネル –これは、uMake Playgroundコンテンツライブラリ、画像ライブラリ、レイヤー、ビュー設定、ツール設定、エクスポート、およびサポートにアクセスできる場所です。
  • オービットボタン
  • 編集ツールのサイドメニュー。

以下の図は、さまざまな部分を示しています。

これらの各部について説明しますが、開始する前に各部に慣れておくとよいでしょう。

uMakeには、実行中の操作に基づいて反応する動的インターフェイスが備わっているため、その時点で実行中の操作に関連する可能性のあるツールと機能のみが表示されることに注意してください。これにより、インターフェイスがきれいで使いやすくなります。

??????????????

????

さらにサポートが必要ですか?
探している答えが見つかりませんか?心配しないでください!
サポート問い合わせ先

エディターの概要

????????